ハンディがあってもパソコンは出来る!ハンディがあるからこそ、パソコンを楽しもう♪

ipad・iphone支援について

ご案内メニュー

ありんこ新着情報

誕生会や季節の行事等のお知らせを掲載しています。

ありんこ学習情報

勉強会の予定や新製品の情報、学習に役立つ情報などをお知らせします。

ありんこトピックス

IT機器や福祉に関するお役立ち情報をストックしています。

一宮市市民活動情報サイト

『ありんこ』の最近の活動については、一宮市市民活動情報サイト『ありんこ』のページをご覧下さい。

ipad・iphone支援について

ipad支援はじめました。あなたの困り事、ipadで解決できるかも・・
ipad勉強会の様子
 ipad勉強会の様子

『ありんこ』は2014年よりipadやiphoneの導入支援をはじめました。
視覚・聴覚など、障がい別の支援も 始めています。実際の活用者に体験を聞いたり、外部講師を招いて勉強会を開いたり、タブレットに関する情報交換なども行なっています。

ipadのメリット

  • 1.携帯に便利
  • 2.文字や画像を拡大し、見やすくなる
  • 3.操作が簡単で、PCに比べ習得が容易
  • 4.アクセシビリティが充実している
  • 5.ナビの代用が可能

例えば・・こんな時に役立ちます

視覚障がいの方
  • ・市販の拡大読書機は高くて買えない(アプリ例:ipadカメラ、OCRソフト)
  • ・音声で文書を作成したり、Eメールをやりたい(アプリ例:Siri、VoiceOver)
  • ・ネットラジオで災害情報を聞きたい(アプリ例:らじるらじる)
  • ・電子書籍を音声で読みたい(アプリ例:iBooks、青空文庫)
聴覚障がいの方
  • ・ネットTV経由、手話で話したい(アプリ例:FaceTime)
  • ・メモ用紙を使わず、向き合って話したい(アプリ例:筆談パッド)
  • ・簡易補聴器として使いたい(アプリ例:ききとり上手)
肢体不自由や言語障がいの方
  • ・代わりに喋ってくれない? (アプリ例:ボイスエイド)
  • ・手でなく、外部スイッチで操作したい(アプリ例:スイッチコントロール)
ipadを利用した拡大読書器ipadで離れた人と手話でおしゃべり

人生が変わった人たちの言葉

「人生が変わった人へのIpad活用」 三宅琢著 電子書籍 より

目の悪い児童 最初から文字が大きいから、ページをめくるだけで本を読めるのが 楽だ。本を読むのが好きになった。
目の悪い主婦 食事時にipadをスタンドに乗せ、背面カメラで箸の先のご飯や おかずが久しぶりに見えた。
目の悪い社会人 メモは写真に撮って画像でメモ。ネットで覚えておきたい画像も スクリーンショットで写真で保存できる。
目の悪い父親 娘の自然な笑顔を、初めてリアルタイムに顔を拡大して 見ることができ、嬉しい。

ipad勉強会について

※ipad・iphoneはお貸しできます。
貸出用のipad

貸出用のipad


2014年10月現在、主に視覚の方への支援を中心に下記のように勉強会を行っています。


  • ●第2・第4金曜日・・・外部講師による視覚障がい者のためのipad・iphone活用講座
  • ●第1金曜日・・・TIPS(Team ipad Support)メンバーによる勉強会
  • ●第3金曜日・・・外部講師による一般操作及びアクセシビリティ講座
木で作ったipad・ipadmini・iphone模型

視覚障がいの方が触ってイメージしやすいように、ボランティア有志が作成した木の模型

ipadに無線キーボードやビーンズスイッチを装着

無線キーボードを接続したり、ジェリービーンズスイッチを付けることも可能です。