「ホラショパの戯言」

■今日は何の日
●ゴルフ記念日(ミズノ)

# この文書は PHP研究所の著作物です。無断転載は禁止されています。


■おんがく日めくり
歌謡曲の作曲家、筒美京平誕生(1940〜)
機関銃のようにヒット曲を連発した、歌謡界の巨人

 日本歌謡界で最も有名な作曲家、筒美京平。1967年から35年にわたり、手がけた曲の数はなんと2600曲を超え、そのうち40曲近くがチャート誌1位を記録。3位以内に約100曲、10位以内に200曲を送り込んだ、まさに怪物ヒット・メイカーです。

 筒美の本名は渡辺栄吉といい、63年から作曲家として独立する67年までは、レコード会社の洋楽部でディレクターをやっていたそうです。邦楽部でないのは意外ですが、幼少のころからピアニストとしてクラシックを志し、大学時代はジャズに傾倒していた彼にとって、邦楽=歌謡曲は、全く興味の対象外だったからだとか。しかし65年ごろ、高校の先輩で、彼の作曲とアレンジの能力を高く買っていた作詞家の橋本淳の熱心な誘いにより、作曲家のすぎやまこういちの仕事を手伝うようになったことが、“筒美京平”を誕生させることになります。67年5月に木の実ナナ「真赤なブーツ」で初のA面シングルをリリース。8月にはヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」が初のヒットとなり、68年12月にリリースした、いしだあゆみの「ブルー・ライト・ヨコハマ」は、ミリオン・セラーで初のチャート誌1位、レコード大賞作曲賞を受賞し、新進作曲家として注目を集めます。

 筒美京平が画期的だったのは、それまで“歌+伴奏”という単純な概念しかなかった歌謡曲に、歌う人に合わせた総合的なサウンド・プロデュースという手法を持ち込んだことです。その意味では、メロディ・メイカーというより、サウンド・クリエイターという言葉がピッタリでしょう。流行の洋楽などのおいしいサウンドを上手く取り込みながら、あくまで日本人に親しみやすいメロディを引き立たせる彼の手腕は、グルーヴィなリズムをフィーチャーしたソウルフルな71年の2つのヒット曲、尾崎紀世彦「また逢う日まで」と平山三紀「真夏の出来事」で、ほぼ完成の域に達しています。その後も南沙織「17才」(71年)、麻丘めぐみ「わたしの彼は左きき」(73年)、郷ひろみ「よろしく哀愁」(74年)、太田裕美「木綿のハンカチーフ」(75年)、ジュディ・オング「魅せられて」(79年)といったヒット曲は、今ではスタンダードとなっています。さらにアイドル歌謡全盛の80年代には、近藤真彦(「ギンギラギンにさりげなく」など10曲で1位)、小泉今日子(「なんてったってアイドル」など5曲で1位)のほか、斎藤由貴「卒業」、田原俊彦、少年隊、C-C-B、稲垣潤一などで、機関銃のようにヒット曲を連発しました。

 最盛時には月に45曲を書いていたそうで、その量もさることながら、よくもまあこれだけ多種多様な楽曲が1人の人間から出てくるものだと感心せざるを得ません。90年代に入ると、自作曲を歌うバンドやアーティストが主流となり、職業作家が作る曲を歌手が歌うという図式が廃れていき、さすがに筒美京平の名前が派手にチャートを賑わすことは少なくなりましたが、藤井フミヤやNOKKO、小沢健二ら、彼の作品を聴いて育ったアーティストから曲を依頼されていることは、彼の影響の大きさを物語っています。99年にはキンキ・キッズの「やめないで、PURE」がチャート誌1位となり、今年2月には作詞家・松本隆と往年のコンビで藤井隆「絶望グッバイ」を担当し、健在ぶりを示しています。

ブルー・ライト・ヨコハマ作曲:筒美 京平2002 YAMAHA CORPORATION

# この文書は Yamaha Corporationの著作物です。無断転載は禁止されています。


1787年 (没後 225年) L.モーツァルト Mozart, Leopold ドイツ
1805年 (没後 207年) ボッケリーニ Boccherini, Luigi イタリア

、【身近な健康の疑問(2)】脂質異常症予防にはウオーキングを
□【美容の知恵袋】(26)香りの効果とは?
■中高年の健康づくりに一役 椅子に座って「腰掛タップダンス」
■外国人「日本人の歯並び悪い」
アのんびりジョギングで5、6年長生き デンマークで調査

、【身近な健康の疑問(2)】脂質異常症予防にはウオーキングを
 1回目の「高血圧」に続き、動脈硬化の危険因子の一つで、かつては高脂血症と呼ばれていた「脂質異常症」について増山哲茂医師に話を伺う。

 −−動脈硬化はどんな病気を引き起こしますか

 日本人の死因のトップはがんですが、2位は心疾患(主に心筋梗塞)、3位は脳血管疾患(主に脳梗塞)です。心筋梗塞や脳梗塞は、動脈が硬くなったり、狭くなったりして、血液の流れが悪くなる動脈硬化が主な原因で発症します。そしてこの2つの動脈硬化症の病気による死亡者数は、がんによる死亡者数よりはるかに多いのです。

 都道府県別に疾病死亡率をみると、栃木県は脳卒中死亡率が男性で4位、女性が2位、心疾患死亡率は男性が5位、女性が4位とワースト上位にいます(順位は平成22年)。

 −−脂質異常症になると、どうなるのでしょうか。高脂血症と同じですか

 動脈硬化の重要な危険因子の一つである脂質異常症は、LDLコレステロールや中性脂肪の量が多過ぎたり、HDLコレステロールの量が少なかったりして血液中の脂質のバランスが崩れた状態を言います。

 以前は高脂血症と呼ばれていました。しかし、血清脂質には少ないことが問題のHDLコレステロールも含まれるため、平成19年から脂質異常症と病名が変わりました。余分な脂が血管壁に入り込み、血管が硬く狭くなってしまうのです。

 −−以前の健康診断の結果には、総コレステロールが記載されていましたが、現在の特定健康診査ではLDLコレステロール値、HDLコレステロール値、中性脂肪値が記載されています

 総コレステロールにはLDL、HDL両方のコレステロールが含まれますが、LDLコレステロール値が高くても、HDLコレステロール値も高ければ、動脈硬化が進みにくいことが分かったからです。

 −−それぞれの脂質の役割はどのようなものですか

 コレステロールはステロイドホルモンや胆汁酸の原料であり、細胞膜の構成成分として重要な役割を果たしています。

 LDLコレステロールは、血管の壁にたまってプラークと呼ばれる瘤(こぶ)を作る材料となるため、悪玉コレステロールと呼ばれています。増えると、動脈硬化が進みます。

 HDLコレステロールは、血管の壁から余分なコレステロールを回収して肝臓に戻す働きをするので、善玉コレステロールと呼ばれています。少ないと、動脈硬化が進みます。

 中性脂肪(トリグリセライド)は、増えると、より血管の壁に入り込みやすい超悪玉コレステロールが増えます。超悪玉コレステロールの増加に伴い、HDLコレステロールが減ってしまうため、動脈硬化が一層進みやすくなります。

 −−脂質異常症の予防はどうすればいいですか

 脂質異常症は自覚症状がないため、定期的なチェックが必要です。血液検査で脂質異常が見つかった場合は、まず食生活の改善が必要です。

 血液中の脂質の量は食事の内容に大きな影響を受けます。原則は総カロリーを抑えること。特にLDLコレステロール値は運動では下がりません。肥満のある人は体重を落とすだけで、LDLコレステロールや中性脂肪の数値が下がります。もちろんコレステロールを多く含む食品や中性脂肪を増やす食品(チーズやバターなどの乳製品、鶏卵、糖分の多い菓子や果物、アルコールなど)を控え、不飽和脂肪酸や食物繊維(サバやイワシなどの青魚、大豆食品、ゴマ油、海藻類など)を多く取りましょう。

 −−運動はすべきですか

 運動も食事と同じくらい大切なことです。できれば、激しくなく、ゆっくり長時間行う有酸素運動が最適です。中でも速歩でのウオーキングを1日30分以上、通勤や買い物などの時間を上手に活用して歩いてください。運動により脂肪が分解され、中性脂肪が減ると、逆にHDLコレステロールが増えてきます。

 −−内服薬が必要な場合は

 軽度の脂質異常は食事と運動で改善できますが、正常値を大きく超えている場合は、定期的な血液検査や内服薬が必要かどうか、主治医とよく相談してください。

 症状がないため放置されることの多い脂質異常症ですが、定期的な検査ともう一度の生活習慣見直しで、将来起こるかもしれない脳梗塞や心筋梗塞を予防してください。今からでも遅くありません。きょうから始めましょう。(聞き手高橋健治)

    ◇

 増山哲茂(ますやま・あきしげ)昭和29年9月、大田原市生まれ。独協医大卒。増山内科小児科クリニック(宇都宮市平松本町)。専門は循環器科、呼吸器科。宇都宮市医師会理事、宇都宮内科医会会長、独協医大非常勤講師。

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

□【美容の知恵袋】(26)香りの効果とは?
 Q 香りには、どんな効果があるの?

 A リフレッシュする、リラックスするなどさまざまな効果があります。

 香りがもたらす心理的効果は、昔から「生活の知恵」として取り入れられています。例えば、ヨーロッパでは、就寝前に鎮静効果の高いカモミールティーを飲んだりします。

 このような香りがもたらす心理的効果について、カネボウ化粧品では1980年代初めから、さまざまな手法で研究を続けています。例えば、脳波測定の一種、CNV(随伴性陰性変動)を用いた検証では、ジャスミンの香りをかぐと覚醒(リフレッシュ)し、ラベンダー、ローズ系の香りでは鎮静(リラックス)することなども確認できています。

 さらに、香りをかいだときに得られる心理的効果だけでなく、香りの持つ機能についての研究も進めています。例えば、エイジングを加速させる活性酸素を抑える「抗酸化効果のある香り成分」や、肌のハリを保つのに重要な役割を担う「ヒアルロン酸の産生を促進する香り成分」など、肌の細胞へ直接働きかけるような機能を持つ香りの解明にも成功しています。

 最近では、希少性の高い白いバラ「ローズアルバ」の香りを検証したところ、リラックス効果に加え、香り成分の中にメラニン生成を抑制する美白効果があることを発見しました。化粧品の香りを開発する際は、これらのデータも参考にしながら、ふさわしい香りに仕上げていきます。化粧品の香りにも、実は意味があるのです。

 この連載では、皆さんが美容に関して疑問に感じていることを、研究データなどを基にお答えしてきました。これからもカネボウ化粧品は、多くの女性の肌を見つめ、美しい肌を保つための研究を続けていきます。その先にある、皆さんの笑顔のために!(カネボウ化粧品 スキンケア研究所)=おわり

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

■中高年の健康づくりに一役 椅子に座って「腰掛タップダンス」
 靴を打ち鳴らし、華麗に踊るタップダンス。このタップダンスから着想し、三洋電機元会長の井植敏さん(80)が、椅子に座った状態で行う「腰掛タップダンス」を考案した。激しい動きはなく、適度に体を動かすことができるため、中高年の体力作りに適していると注目を集めている。(佐々木詩)

                   ◇

ウエストも細く

 大阪・中之島のリーガロイヤルホテルのカルチャースクール。月に2回、「腰掛タップダンス」の教室が開かれている。鏡張りのレッスンルームには椅子とベニヤ板が置かれ、受講生たちが腰を下ろす。この日の受講生は9人。講師の井海(いかい)依美さんが基本のステップの復習からレッスンをスタートさせた。

 「ボール(つま先)を着けたままヒール(かかと)だけ鳴らします」。井海さんの声に合わせ、タップシューズの音が響く。最後は音楽に合わせて、両腕を大きく広げるような振りをつけてタップを踏んだ。参加者の一人、兵庫県芦屋市の女性(62)は「座っているけど結構な運動になります。足だけでなく腹筋も使うので、ウエストが数センチ細くなった友達もいます」と息を弾ませた。

 井植さんが腰掛タップダンスを思い付いたのは平成20年。ダンスショーで、男性ダンサーが椅子に腰掛けてタップを踏むシーンを見て、「自分も腰を掛けたままならタップダンスができるのでは」と考えたという。その後、ダンスの専門家に腰掛タップダンスを体系化してもらい、井植さん自身が挑戦。すると、ゴルフの飛距離が向上するなどの効果を自覚したという。そこで、多くの人に知ってもらおうと昨年4月、教室を開講した。

リハビリにも

 井植さんは「高齢者は転倒し、寝たきりになるケースが多い。転倒の原因であるすり足予防には、このダンスは効果的だと思います」と話す。実際、関西医科大学健康科学センター(大阪府枚方市)で、ダンスの際の呼吸数や筋肉の活動状況を測定、エネルギー消費などを分析した結果、「腰掛タップダンスは単純な座位での運動に比べ、体全体を使う健康増進・維持に効果的な運動」とのお墨付きを得た。音楽に合わせたリズム運動は脳機能を活性化させ、認知症の予防にも有効だという。

 現在は大阪の教室のみだが、将来的には腰掛タップダンスのノウハウをインターネットで配信したいという。井植さんは「介護施設の職員やスタッフに知ってもらい、リハビリの一つとして取り入れてもらえれば」と話している。

                   ◇

 腰掛タップダンスの紹介と井植さんの講演会が来月25日午後1時40分から、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで開かれる。参加費2千円(ケーキとコーヒー付き)。問い合わせは産経婦人会・北山さん(電)06・6924・2872。

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

■外国人「日本人の歯並び悪い」
 日本に住む外国人の8割近くが「日本人は歯並びが悪い」と感じていることが、歯列矯正用具の輸入販売会社、アライン・テクノロジー・ジャパンの意識調査で分かった。3月、在日外国人向け雑誌の読者モニター100人を対象に質問した。日本人の歯並びに対する印象は76%が「悪い」と回答。「どちらでもない」が20%で、「良い」はわずか4%。自由記述式のコメントでも「日本人の健康意識の高さを考えると、歯並びの悪いことに驚く」「先進国で最低の歯並び」−など厳しい意見が続出した。

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

アのんびりジョギングで5、6年長生き デンマークで調査
 ゆっくりしたペースでジョギングをほどほどにする習慣がある人は、長生きできそうだ――そんな調査結果が5日、アイルランド・ダブリンで開かれた欧州心臓学会の関連学会で発表された。

 発表したのはデンマークの研究チーム。循環器病の予防のため、首都コペンハーゲンの市民約2万人を対象に1976年に始まった疫学調査の参加者のうち、ジョギングの習慣がある1878人に着目し、死亡率を調べた。

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。