「ホラショパの戯言」

■今日は何の日
●世界電気通信の日(国連、日本ITU協会),◎東照宮春の大祭(栃木県・〜18日)

# この文書は PHP研究所の著作物です。無断転載は禁止されています。


■おんがく日めくり
シンプルなピアノ曲で知られる、エリック・サティ誕生(1866〜1925)
 クラシックの作曲家の中にも「変わり者」と呼ばれる人がいますが、中でもエリック・サティはナンバーワンかもしれません。

 彼の母親は6歳の時に亡くなり、13歳の時に父親が再婚しました。継母の手ほどきでピアノを習い、すぐにパリ音楽院に入学しましたが、アカデミックな音楽に反感を持ち、読書ばかりしていたそうです。20歳の時には、軍隊に志願し入隊しますが、わざと気管支炎にかかって除隊。その後はパリのモンマルトルのカフェでピアノを弾きながら暮らしていました。また「ばら十字教団」という神秘主義の秘密結社に入団し、その団体のための音楽を作ったり、さらには自分で架空の団体を作って機関紙を発行し、気に入らない評論家たちを攻撃したりもしました。一方で町会の仕事や、児童福祉のためのボランティアもしていたそうです。39歳のとき、突然音楽学校であるスコラ・カントルムに入学し、再び音楽の勉強を始めました。こちらは優等で卒業。このように、彼は自分の気の赴くままに、さまざまな経験を重ねていったのです。

 サティは20歳頃からピアノ曲を中心にさまざまな作品を書いていましたが、40歳を過ぎてから、やっと作曲家として有名になっていきました。楽壇のどの派閥にも属さないサティは、若い音楽家たちから指導者として尊敬されましたが、自分自身はそれを嫌い、晩年は寂しい日々を送ったといいます。そして、彼の作品もまた忘れられていきました。

 彼の音楽は、非常にシンプルで、感情に流されない、客観的なもの。それはドビュッシーやラヴェルにも大きな影響を与えました。「3つのジムノペディ」をはじめとするピアノ作品や、「ジュ・トゥ・ヴ」などのシャンソンはよく知られていますが、彼の音楽が見直されたのは、ここ30年ほどのことです。押しつけがましさのない彼の音楽を、時代が求めたのでしょうか。

ジムノペディ第1番作曲:Erik Satie 1999 YAMAHA MUSIC MEDIA

# この文書は Yamaha Corporationの著作物です。無断転載は禁止されています。


1866年 (生誕 146年) サティ Satie, Erik フランス
1935年 (没後 77年) デュカス Dukas, Paul フランス

、シャープが空気清浄機能付き扇風機発売 高級市場の30%握る
□C屬忘れられると「鳴く」Androidアプリ
■【くらしナビ】せっかくのテレビいい音で
あL覺屬暴偲邸日中は電池で 東芝ホームテクノが新扇風機
アD篥鼎任睛兮せる、電池式トイレ 家族4人で2年もつ
Β【家電売れ筋ランキング】ドラム式洗濯乾燥機 「自動おそうじ」日立1位
БB耋傳硲圍叩日本仕様のスマホ ワンセグ・おサイフ機能
│8パクを文字にして発信 聴覚障害者の会話支援 神奈川
■目線移さず安全運転 窓に設置のナビ、パイオニア開発
■【オススメ!助かりグッズ】電子レンジ圧力鍋

、シャープが空気清浄機能付き扇風機発売 高級市場の30%握る
 シャープは11日、除菌や脱臭効果がある「プラズマクラスター」機能を組み込んだ扇風機の新機種を5月15日から順次発売すると発表した。

 新製品は送風機やイオン発生機としても使える「プラズマクラスタースリムイオンファン」と、上下左右に3次元(3D)で送風方向を変える自動首振り機能を搭載した「3Dファン」などプラズマクラスター扇風機シリーズ2機種の計3機種。

 想定市場価格はイオンファンが4万円。プラズマクラスター扇風機は2万2000円〜2万5000円。

 同社は、1万円以上の高級扇風機について、12年度の市場シェアを前年度比10ポイント増の30%を目指すとしている。

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

□C屬忘れられると「鳴く」Androidアプリ
 紛失した携帯電話の場所を『Googleマップ』で突き止めた後、音を出させて見つけやすくするアプリ。オオカミの遠吠えやサイレンなど6種類の音を選択できる。

 Lookout Mobile Security社とT-Mobile社が協力して、紛失した携帯電話を簡単に見つけられるようにした。携帯電話に、文字どおり助けを求めさせるのだ。

 T-Mobile社の『Android』機器には、2社が提携した2011年から、『ウイルス対策セキュリティアプリLookout』がプリインストールされている。現在、T-Mobile社の顧客は、カスタム機能である『Scream Tone』にアクセスして、紛失した携帯電話やタブレットの発見に役立てることができる。

 オオカミの遠吠え、汽笛、ヨーロッパ式サイレン、映画『スタートレック』で転送されるときの音、T-Mobile社のベルの音、オリジナルのサイレン音という6種類の音から選択できる。

 万が一(あるいは、よくあることかもしれないが)Android機器を紛失したら、mylookout.comにアクセスして『Googleマップ』で場所を突き止める。その後、機器のサイレンを60秒間、または装置が見つかるまで鳴り響かせることができる。Lookout社のウェブサイトには「注意:非常に大きな音が出ます」という警告がある。

 T-Mobile社の顧客以外でLookout社のアプリを使いたい人は、同社のLookout Mobile SecurityとLookout Labsが作成したアプリを『Google Play』で探すことができる。

 Lookout社が用意しているサンプル音を紹介しよう。汽笛とオオカミの遠吠えだ。これがもっと大きな音で長い間鳴り続けるところを想像してみてほしい。

TEXT BY ALEXANDRA CHANG
TRANSLATION BY ガリレオ -平井眞弓

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

□【くらしナビ】せっかくのテレビいい音で
 後付けで臨場感 「サウンドバー」が人気

 買い替えたテレビで美しく大きな画面を楽しめるのに、音声に満足できない人はいませんか。そこで、テレビの前に置くだけで臨場感あふれる音を再現する横長タイプのスピーカー「サウンドバー」が人気という。自宅にある薄型テレビの“音質改善”を目的に買う人が増えている。

 地デジ化に伴う薄型テレビへの買い替え需要が一巡し、テレビ台にスピーカーが付いた「シアターラック」を新しい薄型テレビと一緒に買う人が急減。一方で、既存のテレビに後付けで使える「サウンドバー」が主役に躍り出たというわけだ。薄型テレビは高画質の映像を楽しめるが、内蔵スピーカーの音には“薄っぺらさ”を感じる人も多い。薄型化でスピーカーが小さくなったためだ。そんな弱点をサウンドバーは解消する。

 ヤマハの「YSP−2200」(実勢価格7万9800円)は、自然な音の立体感が話題。本体に16個のスピーカーを内蔵し、いろいろな方向に音を放射して、前後左右の何もない壁からリアルな音が反射して聞こえる独自技術を採用。部屋の形や家具の配置などに合わせて個々のスピーカーから音の出し方を自動で調整する。

 発売元のヤマハエレクトロニクスマーケティング(東京都港区)の藤井陽介さんは「長く聴いても疲れない、耳に優しい音を再現。襖(ふすま)やカーテンでも音の反射に問題はなく、壁の向こう側まで伝わることもない」と話す。同社はサウンドバーの国内シェア約4割で業界のトップ。ほかにもバーチャル(疑似)サラウンド方式の「YAS−101」(実勢価格2万3800円)が売れ筋という。

 藤井さんは「狭い部屋やマンションでは隣近所に音が漏れて迷惑と心配する人もいるが、小さな音でも明瞭に聞き取れるため、むしろ内蔵スピーカーよりは音量も抑えられる。“高価”“大きくて場所をとる”“防音対策も必要”といったホームシアターのイメージを払拭したい」と魅力をアピールしている。(中山忠夫)

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

■【くらしナビ】せっかくのテレビいい音で
 後付けで臨場感 「サウンドバー」が人気

 買い替えたテレビで美しく大きな画面を楽しめるのに、音声に満足できない人はいませんか。そこで、テレビの前に置くだけで臨場感あふれる音を再現する横長タイプのスピーカー「サウンドバー」が人気という。自宅にある薄型テレビの“音質改善”を目的に買う人が増えている。

 地デジ化に伴う薄型テレビへの買い替え需要が一巡し、テレビ台にスピーカーが付いた「シアターラック」を新しい薄型テレビと一緒に買う人が急減。一方で、既存のテレビに後付けで使える「サウンドバー」が主役に躍り出たというわけだ。薄型テレビは高画質の映像を楽しめるが、内蔵スピーカーの音には“薄っぺらさ”を感じる人も多い。薄型化でスピーカーが小さくなったためだ。そんな弱点をサウンドバーは解消する。

 ヤマハの「YSP−2200」(実勢価格7万9800円)は、自然な音の立体感が話題。本体に16個のスピーカーを内蔵し、いろいろな方向に音を放射して、前後左右の何もない壁からリアルな音が反射して聞こえる独自技術を採用。部屋の形や家具の配置などに合わせて個々のスピーカーから音の出し方を自動で調整する。

 発売元のヤマハエレクトロニクスマーケティング(東京都港区)の藤井陽介さんは「長く聴いても疲れない、耳に優しい音を再現。襖(ふすま)やカーテンでも音の反射に問題はなく、壁の向こう側まで伝わることもない」と話す。同社はサウンドバーの国内シェア約4割で業界のトップ。ほかにもバーチャル(疑似)サラウンド方式の「YAS−101」(実勢価格2万3800円)が売れ筋という。

 藤井さんは「狭い部屋やマンションでは隣近所に音が漏れて迷惑と心配する人もいるが、小さな音でも明瞭に聞き取れるため、むしろ内蔵スピーカーよりは音量も抑えられる。“高価”“大きくて場所をとる”“防音対策も必要”といったホームシアターのイメージを払拭したい」と魅力をアピールしている。(中山忠夫)

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

あL覺屬暴偲邸日中は電池で 東芝ホームテクノが新扇風機
 東芝ホームテクノは、本体に充電池を内蔵し、コンセントにつながなくても使える扇風機「サイエント プラス」を25日に売り出す。6時間の充電で最大17時間使える。コンセントにつないでいても、電力使用量が多い午後1〜3時は充電池で動く設定にして、省エネに役立てることもできる。信州・上高地のそよ風を再現した「ソフトブリーズ」機能もある。想定価格は4万円前後。

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

アD篥鼎任睛兮せる、電池式トイレ 家族4人で2年もつ
 衛生陶器のジャニス工業(愛知県常滑市)が、業界初となる電池で動くタンクレストイレを開発した。本体とリモコンに単3電池計8個を入れておけば、家族4人の使用で約2年間もつ。電池には水がかからず、漏電しない構造。洗浄水量は4.8リットルで節水もできる。空間が広く使えるタンクレストイレは通常、コンセントからの電気でモーターを動かし水を流すため、停電時は使えない。東日本大震災で使えなくなる事例が出たことを教訓に電池式を考案した。

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

Β【家電売れ筋ランキング】ドラム式洗濯乾燥機 「自動おそうじ」日立1位

Β【家電売れ筋ランキング】ドラム式洗濯乾燥機 「自動おそうじ」日立1位
 ドラム式洗濯乾燥機は縦型に比べて使う水の量が少なく、衣類をきれいに乾燥できるため人気です。

 1位は、モーターの性能に定評がある日立製です。洗濯のたびに洗濯槽を洗う「自動おそうじ」の機能があり、見えない部分も清潔に保てます。高速の風で衣類のシワを伸ばす「風アイロン」を使えば、アイロン掛けの手間が省けます。

 2位はパナソニック製のプチドラムです。ドラム式の中では一番コンパクトで、幅、奥行きとも約60センチ。まさにマンションサイズです。

 3位もパナソニック製で、こちらは水で洗えない革製品やバッグなどを手軽に除菌・消臭できる「ナノイー」の機能が付いています。また、洗う衣類の量や質、汚れ具合を検知しながら洗う「エコナビ」運転を使用すると、電気も水も時間も節約できます。

 4位はシャープ製です。水で洗えないものを除菌・消臭する「プラズマクラスター」の機能が付いています。5位は東芝製で、バスマットやジーンズなどを洗ってもエラーが起こりにくく、時間通りに洗濯が終了します。

 洗濯乾燥機の乾燥の方法は大きく分けてヒーター式とヒートポンプ式があります。省エネ性能が高く、衣類が傷みにくいのはヒートポンプ式です。選ぶ際には注目してください。(ビックカメラ池袋本店家電コーナー・副島美奈子)



【ベスト5】

(1)〈日立〉     BD−S7400  17万8000円

(2)〈パナソニック〉 NA−VD110L 14万8000円

(3)〈パナソニック〉 NA−VX7100 15万8000円

(4)〈シャープ〉   ES−V530   16万8000円

(5)〈東芝〉     TW−Z8200  15万8000円

 ※集計期間は3月1〜31日。価格(税込み)は店舗、時期によって異なります。(ビックカメラ調べ)

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

БB耋傳硲圍叩日本仕様のスマホ ワンセグ・おサイフ機能
 KDDIは、台湾メーカーのHTCと共同開発したアンドロイドOSの新型スマートフォン(多機能携帯電話)「ISW13HT」を5月下旬に発売する。価格は税込み2万4千円前後(新規契約で料金割引制度を適用した場合)。HTCは世界標準モデルでスマートフォンを展開しているが、今回の製品は日本市場向けに「ワンセグ」や「おサイフケータイ」、赤外線通信などの機能を付けた。付属のイヤホンを接続すると自動的にソフトが立ち上がり、音楽や動画が楽しめる。カメラの性能も高め、起動にかかる時間は0.7秒、自動ピント合わせは0.2秒でできるという。

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

│8パクを文字にして発信 聴覚障害者の会話支援 神奈川
 口パクの映像をコンピューターが「読唇」し、その内容を文字にしてツイッターで発信するコミュニケーションの共同研究に、神奈川工科大学(神奈川県厚木市)の山本富士男教授らが取り組んでいる。「ITを使って聴覚障害者を支援したい」と実用化を目指す。

 日本語を話す口の形は母音「あ、い、う、え、お」の形と閉じた形の6種類に分類される。研究ではこれらの口の形を「A」「I」「U」「E」「O」「X」とコード化した。

 「ま」は口を閉じるXの形で始まり、Aの形で終わる。「あ」や「が」はXがなく、そのままAになる。

 コンピューターは口の動きを映像で読み取り、その内容を推測して口の形をコードに置き換える。最初のXがない場合は「−(ハイフン)」を使う。「いつ帰りますか」は「−I−U−A−E−IXA−U−A」となる。

 次に辞書データベースの中からコードに合う言葉を探して変換する。異なる発話が同じコードになる場合は複数の選択肢を示す。その言葉をツイッターで送信すれば、聴覚障害者と家族らの連絡などに役立つ。

 山本教授は「口の動きだけで意思を伝えられれば、騒音が激しい場所の会話や人に聞かれたくない会話にも活用できる」。共同研究者の宮崎剛准教授は「読唇術や手話の習得には時間がかかる。機械読唇ができれば中途失聴者も会話できる。実験を重ねて実用化したい」と話す。個人差がある口の動きを正確に読み取ることや辞書機能の充実などが今後の課題だという。

 研究に参加し、卒業した小山瑛子さん(22)は「人の役に立つシステムを開発したい」と、春からは都内のIT会社で医療系アプリケーションを開発する。

 共同研究では、読唇術の習得に役立つスマートフォン用のアプリケーションも開発している。かなを入力すると発話映像が出てきて口の動きが分かる。外国人が日本語の口の形を学ぶことにも応用できるという。(柳沼広幸)

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

■目線移さず安全運転 窓に設置のナビ、パイオニア開発
 パイオニアは8日、車の前方に進路の指示や周辺の地図が浮かんでいるように見える世界初のカーナビ「サイバーナビ」を発表した。運転席からの景色がそのままナビになるため、従来のように目線を大きく移してナビの画面を確認する必要がなく「安全に運転できる」という。

 7月に売り出す。実際に画像が映っているのは、フロントガラスの手前に取り付けた縦7.5センチ、横26センチの半透明のプラスチック板。運転手の目線に合わせてあるので、3メートル向こう側に縦30センチ、横90センチの映像があるように見える。運転の邪魔にならないよう、案内にあまり文字を使わないよう工夫した。

 カメラが捉えた前方の映像を分析し、速度標識を検知して大きく表示したり、高速道路でレーンをまたいで走り続けると警告音を鳴らしたりする機能もある。想定価格は税込み32万円程度。記者会見した黒崎正謙取締役は「先進性を好む消費者に受け入れられるはず」と話した。

# この文書は 朝日新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。

■【オススメ!助かりグッズ】電子レンジ圧力鍋
  忙しい日常の中で、料理を手早くすませたい時もありますよね。そこで今回は、電子レンジで簡単に調理できる「電子レンジ圧力鍋」を紹介します。

 使い方は、鍋に材料を入れてレンジにかけるだけ。大事な栄養素を逃さずに調理することができます。普通の圧力鍋に比べると軽いので扱いやすいのもポイントです。

 炊きたてのご飯やカレーなども「電子レンジ圧力鍋」ひとつで作ることができるので、メニューの幅が大きく広がりそうですね。サイズは幅26センチ、奥行き22センチ、高さ13センチ。価格は5250円。火を使わないので、子供も安心・安全に楽しく料理できます。

 問い合わせは、東急ハンズのオンラインショップ「ハンズネット」(http://hands.net/)。

# この文書は 産経新聞社の著作物です。無断転載は禁止されています。